もうアラカン おひとり様

koume2013.exblog.jp

初めての暮らしているような旅

マレーシアから来日(帰国)した友人とその友達の3人で大阪市内のマンションで過ごしてきました。評判の民泊というものですが、とても快適でした。

民泊というのは、住人が留守の間に貸すシステムだと勝手に思っていましたが、そういうのもあるようなのですが、大概はマンションのオーナーが埋まらない部屋を、まるごと旅行者に貸すものとかで、友人達が一週間借りたのもそういうものでした。

大阪に住んでいる若い友人達の1ルームなんてものではなく、おそらく50平米程度はあり、お風呂もキッチンもビジネスホテルよりよっぽど広く、クイーンベッド二台の横で、毎朝友人が太極拳をするスペースがあり、私はダイニングテーブルで読書をしていました。Wifiやテレビ、冷蔵庫があり、洗濯機や電子レンジ、オーブントースターまで完備されています。ティファールのポットの横には、ティーバックとスティックシュガー、フライングタイガーの紙ナプキンまでおいてありました。キッチンにはひととおりの食器があるし、シャンプー、リンス、クレンジングクリーム、バスタオル、ハンドタオル、歯ブラシセットなどのアメニティもそろっていました。

ホテルのスイートルームと違うのは、お掃除の人がはいらないことくらいでしょうか。宿泊費はそれで一室9千円。これでも高い方で、オフシーズンだと7千円位みたいでした。梅田駅近くで広いということでこのお値段ですが、まるごと貸しではなくシェアハウスや、本当の1ルームだと2千円位からあるようです。

暮らしているかのような旅行でした。友人は、年末年始のニューヨークと西海岸、昨秋のニュージーランドも民泊だったということです。確かに、高いお金を出してホテルに泊まることがバカらしくなってしまいます。

ただ・・鍵の受け渡し方法や、チェックアウトの時間延長とかポケットWiFiの使い方がわからなかった時、私のスマホでオーナーに直接日本語で細かく聞けたけど、日本の携帯電話がなくて、日本語もわからないとなると、問題が起きた時は困ることになるかもしれませんね・・・
[PR]
# by koume2013 | 2017-03-20 18:52 | お出かけ

臨時収入の使い道

親が作った私名義の証券口座を一つ閉鎖しようと電話した所、振込口座が両親には教えていない私の口座でした。つまり私自身の口座だったのです。ずっと報告書は自宅に届いていたのですが、母の取引先の証券会社だったことや宛名が旧姓だったことから、母が私の名前で作った口座だと思って、未開封のまま母に渡していました。

どうも山一証券が破綻した際に、私は公社債投信の積み立てをしていたので、母の証券会社に口座を作ったようです。住所変更もしているし、登録印も私が以前使っていた銀行印でした(廃棄してしまっていたけれど)。戸籍謄本や印鑑証明が必要だったり手間でしたが、無事終わり、今日入金を確認しました。確定申告の還付金も入金されていたので、二つ合わせたら、入金が20万円近くありました。

両方とも、もとは自分のお金なので、厳密には臨時収入ではないのですが、私の場合、思いがけない収入はすぐ出ていくというジンクスがあります。今回もその通りで、マレーシアで世話になった友人が香港で休暇を過ごした後に、香港の友人といっしょに関西にやってきます。今流行の民泊とかで、都心のマンションに数泊します。その旅行に同行し京懐石や焼肉などをご馳走する予定ですが、マレーシアでホテルに滞在していた場合位の金額にはなると思います。

臨時収入がないよりはずっといいわけですから、ありがたや~と大感謝しております。それに、口座を減らすという目的は一つ達成できたのですから、よしとしましょう。
[PR]
# by koume2013 | 2017-03-10 19:49 | お金