アラカンお一人様 快適なシニア生活をめざして

koume2013.exblog.jp

ブログトップ

ちっとも惜しくない交際費とは   

2018年 10月 15日

含み益がどかんと減っているけれど、株価がこんなだから仕方ないのかなあ。リーマンショックの際は、一時含み損400万円とかになったから、それよりはまし。その後償還した投信は、持っていたというだけで何もしないまま10万円近く消えたし、損切りも数万円単位でしてきたけど、IPOでそこそこ利益を出し、税金が返ってきたから、多分トータルではプラスマイナスゼロかもしれません。

私の場合、利益を出したら、必ず不吉なお金が出ていくというジンクスがあるので、大儲けはしたくない。宝くじなんて、当選しようものなら、どんな大きな不幸が起きるかしれないと思うと、夢をみるどころではありません。万が一、知り合いのように一億円なんてあたろうものなら、南海トラフがやってきそうです。その知り合いも、母親(ただしかなりのご高齢)が亡くなったというから、どうなのよ・・。

お金は回りものです。海外にいる友人らのとても気立てのいい娘たちが来日した際には、神戸牛とか京懐石とか招待をしても、ちっとも惜しくはないのです。

私は人間に関しては、友人や親戚の子供だからといって文句なしに好意を持てるタイプではありません。大好きな彼女らは親と関係なくFBやラインの友達で、インスタグラムでフォローもしています。小さい時から知っている子はAunty Koumeと呼びますが、そこそこ大きくなってから知った子は、母親と同じように友人としてKoumeと呼んでくれます。多分海外育ちだからでしょうね。こんな娘らを持った友人たちは、本当に羨ましいですが・・・

世の中にはそうではない子供を持った人達だっていますものね。
[PR]

# by koume2013 | 2018-10-15 13:15 | 心模様

続 ほどほど支出管理   

2018年 10月 12日

家計簿というほどのものではなく、エクセルで毎月の収支を出していたのですが、群さんスタイルをとりいれてみました。まだ数日ですが、お試しだったつもりが、家計管理がしやすいということがわかり、今後はこれでいくことにしました。

まず何がいいかというと、必要経費と自分費用がはっきりしたことです。削れない費用と自分のさじ加減で増減できる費用を区別していなかったので、月末の合計支出が大きくなっても、「今月は医療費がかさんだから」とか「夏の電気代はしかたない」とか、言い訳ができていました。

固定費にいれていたJALカードの年会費以外の会費や、コストコやアクセサリーの月払い費用(一括払いではありますが、家計簿上は月割り)は絶対に必要な経費ではないので自分費用に入れました。必要経費は月の合計を出す際に利用するだけで、予算は決めません。自分費用だけ予算を決めたので、毎月の赤字は自分費用から出てきます。それにより、いかに自分がお金を使いすぎたかがわかるのです。

スーパーでは、なるべくかごだけ持つようになりました。腰痛なので、重たい物は持てないですし、不要な物は一切買わなくなりました。以前と違い、頭の中に残額が入っているからです。先月まではどうしても食べたくなったら、迷うことなく入っていたお寿司屋さんやケーキショップへは、月末に余っていたら行こうと自分に言い聞かせています。それで我慢できるのです。

また必要経費の合計がでてくるので、今後の老後の試算もできます。この金額は国民年金を払い終わったり、車を手放さない限り減額はありません。それどころか、マンションの修繕費や、ジムの年会費など、今後値上がりしていくものはあるでしょう。光熱費だってどうなるかわかりません。思っていた以上の金額だったので、貯金生活者としては、自分費用を節約していくしかないのです。
[PR]

# by koume2013 | 2018-10-12 19:35 | お金