人気ブログランキング |

昭和、平成、令和だけで満足です

前のブログが「いだてん」でしたが、そのいだてんも、ストックホルムオリンピック編が終わり、生田斗真や竹野内豊の出番も無くなりました。オリンピック以後編も、それはそれで面白かったですが、やはり美男子俳優陣がいなくなったのは寂しい限りです。前髪くねお君も、最近でませんしね。

時代は平成から令和に変わりました。生きてきた長さでいえば、昭和と平成はほぼ半々ずつです。私の昭和の10年間ほどは物心がつかない期間ですから、平成の30年間の方が長いと言えば長いのですが、昭和の方が好きなのは、昭和の20年間は中学、高校、大学、と英国での楽しかった学生生活、外資系企業での職業生活、そしてなにより父や友達、みんな健在でした。幸福でした。

平成は親しい人、愛する人(猫)たちが次々と亡くなっていきました。心から幸福だったと思い出せるのは、新婚時代を過ごしたアメリカ生活とその後の数年だけです。だから、平成には未練がありません。

現在の天皇は私達と同世代ですから、不謹慎ですが、もしかしたら、その次の時代まで私は生きているかもしれない。私を含め、同年代の友人たちが一番恐れていることは、このことです。

どうぞ、令和が私の最後の時代でありますように。どうぞ、どうぞお願いします。
# by koume2013 | 2019-05-01 21:05 | 心模様

「いだてん」が大好きです

2019年になり、ちまたでは視聴率がどうのこうのと言われているようですが、「いだてん」、私は大好きです。BGMが「あまちゃん」と同じ方なので、朝ドラみたいという意見もあるようです。私は「大河(朝ドラ)かくあるべし」という考えは嫌いです。朝ドラみたい?だから、何だよ?です。自分の感性に合わない番組は見ない、というだけです。見ながら文句をつけている人は、時間を無駄にしている人だと思っています。見ていないのが丸わかりなのに、批評を書いている芸能ネット記者は、もっと愚かで、そうまでしないとお金が稼げない可愛そうな人達ですね。

大河ドラマの現代シリーズといえば「いのち」があります。終戦後から始まったと思います。息子のことさえなければ、超一流女優のままだった三田佳子が市井のヒロインでした。「山河燃ゆ」も、島田陽子がリザベーションキャンプに降り立ったシーンから始まったと思います。「獅子の時代」は明治維新からのドラマですが、主人公は網走刑務所に収監されてしまったほどの、反逆児でした。演じていたのが、なんせ仁義なき戦いの文太さんです。

「大河は時代劇でなければ」とか「史実がどうの」というツイートを読むたびに、昔の大河を見ていないんだなと思います。忠臣蔵なんて、いくつ史実があるのだと思ってしまいます。ドラマはドラマで、歴史再現ではないんですよ。

「新撰組!」まで、「獅子の時代」「山河燃ゆ」「琉球の風」が私の大河ベスト3でした。3作とも架空の人物が主人公です。「獅子の時代」の最終回を見るために、ビデオなんてない時代でしたから、私は英国留学の出発日を延期したほどでした。

「いだてん」が好きでない人は、私の感性とは相いれない人だと思います。
# by koume2013 | 2019-02-14 15:55 | 本とか映画とか


老後に若い時の生き方が全て出る、という母の主治医の言葉に刺激され、20年後に寝たきりにならないようにがんばることにしました。ブログの最大目的はボケ予防です。


by koume2013

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
本とか映画とか
お出かけ
食事
老後
お買いもの
お金
心模様
お仕事

未分類

リンク

ライフログ











検索

以前の記事

2019年 05月
2019年 02月
2019年 01月
more...

画像一覧